すべて女性のSALAスタッフによる日々のブログ

おもてなし[2012.2.16]

 先週末、トマムの季節限定レストラン「アル・ケッチァーノ」に行ってきました。

 山形の本店では、予約が取れないレストランとして有名で、シェフの奥田政行さんはたくさんのメディアに取り上げられている方です。
 ちょうど1年前、SALA会員対象に、奥田さんの料理と講話を楽しむイベントを企画しましたよね。レストランオープン時にはChai紙面で取材もしました。厨房で、十勝の素材と会話しているように調理する奥田さんの姿と、気さくな人柄。大変心に残る仕事だったのを思い出します。

 今回は、当時一緒に仕事をしたSALAメンバーとお邪魔しました。

 奥田さんは、いちばんきれいに夜景が見える席を用意して、待っていました。
 冗談っぽく、「あなたたち2人のために、先ほど空港から来ました」と声をかけてくれました。2人で食事をするつもりでしたが、奥田さんの配慮で、気心知れている料理人や若手のスタッフも招いて、同じテーブルで食事を楽しみました。

 奥田さんの飾らない会話や、独特の冗談と共に味わう料理は、ほんとに美味しかった!食材の説明だけではなく、生き方や仕事についてなど、たくさんのアドバイスもいただきました。そして、私たちが食事を終えると、荷物をまとめて空港に帰っていきました。

 「私は、人を大切にします」と言っていた奥田さん。
 あれ?ほんとに私たちがいる時間に合わせてトマムに滞在してくれたのかも?・・・とふんわり優しい気持ちになりましたよ。

 帰り際、トマムの冬の名物アイスビレッジにも顔を出しました。そこでも、以前仕事でお世話になったスタッフと1年ぶりに再会(今はアイスビレッジの「村長」です)。夜10時で遅い時間にもかかわらず、寒い中、遠い事務所から出てきて温かく迎えてくれました。


 たくさんのもてなしを受けた一日。

 どうか、どこかでお返しできますように。



 写真は、十勝の和田農園のゴボウを使った料理と、パワーアップしたアイスビレッジ。今年のアイスビレッジは、素敵ですよ。

 編集局 ヤマオカ

samplesample