十勝毎日新聞で展開する「SALA Plus」では十勝の女性に向けた特集を展開

■自分時間~『お風呂読書』[2010.7.24]

■杉岡麻理香(事業局)
『お風呂読書』
お風呂で本を読みます。
元気なときは好きな作家をじっくりと。
疲れているときは流行の文庫を乱読します。
どんな精神状態でも、
狭い浴室で読書に集中することで色んなことを忘れます。
汗をかきながらただひたすらに「活字を追う」ということが重要です。
乱読した本の内容は半分くらい覚えてないことも多いです。
疲れているときに何も考えず「無」になれるということがポイントなのです。
湯上りは心も身体もスッキリです。

sample